性病検査キットで危険な病まるわかり|誰でもカンタンHIV検査

医者

調べたい病ごとに選ぶ

医者

性病検査キットは、調べる性病ごとに検査方法が変わってくるので、気になる症状などに合わせて検査キットを選びましょう。最も罹患率の高い性病といえば、クラミジアなどが挙げられます。クラミジアはカビの一種であり、水虫などと同様に人の体でも普段蒸れやすい箇所などで繁殖することがあります。クラミジアの検査であれば、男性であれば尿などの提出を行ない、女性であれば膣分泌物を送付することで調べることができるでしょう。クラミジア用の検査キットも存在するので、キットの中に入っている専用の器具を用いて検査を行なうことができるでしょう。クラミジアはオーラルセックスなどでも感染することがあるため、こうした尿などの検査の他に、喉の粘膜を採取して調べる性病検査キットも使用できます。クラミジアの性病検査を行なうならば、どちらも使用することで詳しい結果を判明させることができるでしょう。

HIVの性病検査キットでは、血液サンプルを送付することで検査ができます。血中の抗体の有無を調べる必要があるので、多くのHIV用性病検査キットには指先から血を取り出せる針が含まれています。しかし、こうした針を使用しての検査となるとどうしても抵抗があるという人もいるでしょう。先端恐怖症の人のほか、痛みによる恐怖を想像してどうしてもできないという人も多いものです。こういった人のために、最近ではHIV用性病検査キットの針にも工夫がされています。指先ほどのサイズの器具を指で押し込むことで、針が内部から飛び出すといった工夫がなされているのです。鋭い針を見ずに、軽く指で器具を押せばサンプル採取ができるので、針の使用に抵抗がある人でも問題なく利用することができるでしょう。